Case:Sorry-chart on chatroulette.com

インターネットを活用する新たなターゲット層にHarley-Davidsonブランドをリーチすることが狙いの企画。

1.ルーレット形式で当たった見知らぬ相手と、ウェブカメラで会話を楽しむサイト「Chatroulette(チャットルーレット)」を活用したHarley-Davidsonのプロモーション。

2.Harley-Davidson名義でChatrouletteにエントリーした上で、ウェブカメラの前に「Sorry.I’m on the road(悪いね。今バイクに乗って旅行中なんだ。)」と記載したカードを置いておいた(カードにはHarley-Davidsonのロゴも印字されている)。

3.ルーレットでHarley-Davidsonと会話をすることになったユーザーの大半が、このカードを面白がり、中にはBlog,SNS,Twitterで紹介する人もいた。

※Chatrouletteは利用者が拡大し、訪問者数は現在1日20,000人を超えている。

Harley-Davidson: Sorry-chart on chatroulette.com

Harley-Davidson: Sorry-chart on chatroulette.com

プロモーション模様がわかる動画はこちらから

世界各地で実施されたハーレーダビットソンの広告に関心のある方は下記もご覧ください。
ハーレーダビットソンのオシャレな広告/プロモーション(まとめ)

参考サイト

・Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/online/harleydavidson_sorrychart_on_chatroulettecom?size=_original