Case:X

カルバン・クラインの新たなアンダーウェア・ブランドXのプロモーションビデオ。

世界的にセクシーな男性として女性から注目されている4人のスポーツ選手や俳優をキャスティングし”X”ブランドのPVを制作した。(その中の一人として、元サッカー選手の中田 英寿氏も出演している)

この”X”ブランドのプロモーション/PVの制作にあたって、これまでのカルバン・クラインが行っていた方法では古臭く、もはやセクシーな男性象を表現できないと考え、4人のキャスト達にはあえて挑発的なセリフを与え、現代的なセクシーな男を表現させることに注力した。

アメリカやカナダなどで放送禁止用語であるセリフ上に”X”を入れて、今回のブランドを強調している。

キャストのセリフは女性に向かって発せられており、「女性から彼氏に向けてのプレゼント」として新ブランド”X”を訴求するという狙いが感じられる。

動画はコチラ

参考サイト

・ADFREAK
http://adweek.blogs.com/adfreak/2010/03/calvin-kleins-models-better-seen-not-heard.html