Case:Can’t face the World?

ミラクル美容クリニックは新たに開始する“にきびトリートメント施術”の告知を行うためにインパクトのあるキャンペーンを必要としていた。

施策内容

世界7都市のレストランや路上の壁に、顔を突っ込んで隠している若い女性の様子をマネキンで表現した。
=小さなニキビ一つで堂々と顔を世間に向けられない現代女性の様子を誇張表現している。

そのマネキンが顔を突っ込んでいる壁の直ぐ上に「Can’t face the World?」(自信を持って世間に顔を見せられますか?)という言葉とミラクル美容クリニックの予約電話番号が記載されたラベルが貼られた。

リアリティのある、あたかも本物に見えるマネキンの顔が壁に埋まっている姿が奇妙に見え、街行く人々の関心を誘い、印象に残るパフォーマンスとなっている。

Miracle Aesthetic Clinic: Faceless

Miracle Aesthetic Clinic: Faceless

結果

・低コストのキャンペーン展開で大きなバズを発生させることができた。
・ミラクル美容クリニックへの問い合わせが20%増加し、ニキビ・トリートメント施術が予約で満席となった。

Miracle Aesthetic Clinic

Miracle Aesthetic Clinic

参考サイト

・ADS OF THE WORLD
http://adsoftheworld.com/media/ambient/miracle_aesthetic_clinic_faceless