Case:Skin Cancer Guerilla

皮膚癌を市民に啓蒙するゲリラプロモーション。

プロモーションの背景

・日中日差しに晒されることは健康に害を与えるということを大抵の人は認識しているにも関わらず、その点を過小評価している。
・皮膚を日差しに晒しすぎると皮膚癌になる危険性もあることを大衆に啓発すること。

施策内容

キャンペーン名:Skin Cancer Guerilla

Skin Cancer Guerilla

Skin Cancer Guerilla

7月の非常に日差しの強い日に、チューリッヒ最大の公園にて日光浴して眠っている人の足先に【Sun kills】という辛辣な言葉が刻まれたタグをかけていった。

足先に【Sun kills】という言葉が刻まれたタグがかけられたまま眠っている人々の様子は、「世界最大の死体安置所」を彷彿とさせるもので、このように日光に肌を晒し続けると、この場所がそのようになりうるという点をアピールしている。

Skin Cancer Guerilla

Skin Cancer Guerilla

結果

数多くの反響を得るとともにいくつかの新聞でこの試みに関する特集が組まれた。

参考サイト

・I believe in Advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2010/02/stadt-apotheke-kreuzlingen-skin-cancer-guerilla/