Case:legambiente calendar

設立30周年を記念して市民のリサイクルに対する関心を更に喚起することを狙った企画。クリスマスの時期と重なるため、せっかくなのでクリスマスギフトにかける市民の無駄遣いを減らす仕掛けにすることを意図。

Legambiente: Calendar

Legambiente: Calendar

28年毎に月日と曜日が合致することに着目し、28年前(1982年)のカレンダーを大量に集めて、クリスマスギフトとして市民にプレゼントした。(28年前のカレンダーには「2010年版 Happy Old Year」とスタンプした)

これは古い過去のカレンダーでさえ、新しく再利用できるということを示している。

このカレンダーは、クリスマスギフトとして受け取った市民が、ちょっとした発見(28年毎に月日と曜日は合致)とともに、新たな年に「リサイクル」に対する責任を果たすことを意識する有効なきっかけになっている。

Legambiente

Legambiente

参考サイト

・I Believe in Advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2010/02/legambiente-calendar/