Case:Change has a taste

サウジアラビアで女性による自動車の運転が解禁になり、フォードを始めとして様々なブランドが歓迎の広告を出している中、先日コカ・コーラが待望のテレビCMを公開しました。その名も「Change Has A Taste」。まずはこちらをご覧ください。

映像は父親と娘が運転を変わるシーンから始まります。

意気込んで運転するも、何度もエンストを起こしてしまう娘。

そこで、なぜかコカ・コーラを取り出す父親。
こぼさないように運転してみろと言わんばかりにダッシュボードの真ん中にコカ・コーラの瓶を置きます。

そんな狙いも虚しく、即座に落としてしまう娘。しかし、父親が見事にキャッチ!
コカ・コーラのボトルも最高にキマっています。

そして、そのコーラを父親から娘が受け取り、勢いよくコカ・コーラを飲みます。

BGMも盛り上がり、娘のスイッチも入ります。

一度は失敗しますが、無事に車は走り出し、アラビア語で「Change Has A Taste」とコピーが入ってCMはフィナーレを迎えます。

この動画、11月2日に公開されて約13万再生を記録していますが、気になるのはLIKEが400強に対して、DISLIKEが300強もあるということ。父娘愛が良い印象を与えている一方で、コカ・コーラらしい余すことのなく散りばめられたプロダクトプレイスメントによって、社会問題に便乗しただけのちょっと嫌らしい広告としても捉えられているようです。営利のために女性の権利を搾取しているという声もあげられています。

あなたにとってこの広告は、ありですか?なしですか?