Case: Strange Mode

米オンデマンド・ライドシェアリングサービスのLyftが、ハロウィーンの時期に合わせ、Netflixの人気SFミステリードラマ『Stranger Things(邦題:ストレンジャー・シングス 未知の世界)』のセカンドシーズン配信を記念したキャンペーンを実施しました。

何も知らずに車に乗り込む乗客。お互いに自己紹介をし、和やかなムードで車は走り出しますが…

しばらくすると、カーナビとして使っていたスマホの画面にノイズが入り、さらに全然違う場所にいるのにのかかわらず、「目的地に到着しました。」との音声が流れました。

少し不安げなお客さんに、運転手は「おかしいな、どうしたんだろう。」と言いながら、携帯の設定を確認するため一旦車を停止させます。

その直後、ドライバーが突然苦しみだしたかと思うと、座席の背もたれやドアロックがガタガタと動き出したのです。

あまりの恐怖に、パニック状態で悲鳴をあげる乗客。

最後はドラマに出てくる、超自然現象と超能力を研究する研究所の職員が登場して種明し。ドラマのプロモーション企画だったことが伝えられたのでした。

このドッキリはロサンゼルスとフィラデルフィアの2都市で行われたとのこと。当日はLyftアプリも車のアイコンのデザインがドラマ仕様の特別バージョンになっていました。

(Image by Lyft Blog)

アイコンのデザイン変化もあり、番組のファンで勘のいい人ならStranger Thingsのドッキリだと気づいたようですが…知らない人にとっては相当怖かったでしょうね。

(via Lyft Blog)