Case: Pay More for Hits and Less for Flops

米大手シネマコンプレックス・Regal Cinemasが、オンラインでの予約や共同購入などをサポートするサービス・atomと提携し、2018年初頭をめどに、映画の変動制プライスを導入すると報じられました。

映画館での映画視聴はこれまで固定の料金が一般的でしたが、需要に応じて、つまり人気作の料金が高くなり、不人気作品の料金が安くなったりといった料金体系をテストする形になります。

各種報道によるとRegal Entertainmentのエイミー・マイルズCEOは、「(映画業界の)ヒストリカルな価格設定の変更はしばしば議論されたが、業界ではほとんどテストされていない。価格変動が顧客の行動にどのように影響するかについて実践できることをとても嬉しく思っている」と語っています。

“人気のない作品でも安いから観に行ってみようか”という客がある一定の規模存在するかもしれませんし、Netflixなどのビデオストリーミングサービスに押され気味の映画館にとっては、“映画館で楽しむ人”を増やすための有効な策の一つになるかもしれません。

(via Regal Cinemas)