Case: Never Trust A Clown

この秋に公開された、スティーヴン・キング原作のホラー映画『IT(邦題:IT イット “それ”が見えたら、終わり。)』。子供だけを狙った連続失踪・殺人事件を引き起こす不気味なピエロ・ペニーワイズと、事件を解決するために立ち上がる少年たちの成長を描く作品です。

9月27日、ドイツでこの映画の先行プレミア上映会が行われましたが、そこでバーガーキングが驚きのプロモーションを敢行しました。

映画が上映された後、エンドロールが流れる直前にスクリーンに映し出されたのは以下のメッセージとバーガーキングのロゴ。

『ピエロを信じるな。』

つまり、映画に出てくる殺人ピエロに対し、バーガーキングの最大のライバルであるマクドナルドのイメージキャラクターのピエロ、ドナルド・マクドナルドを引き合いに出しているわけです。

思いもしなかったオチに、つい先ほどまで恐怖におののいていた観客は大爆笑。会場は大きな拍手に包まれたのでした。

これまでも『NYのバーガーキングが“マクドナルドのお化け”に変身』や『丁寧すぎる道順案内でライバルを揶揄。マクドナルドの“魅力”が一目瞭然な比較看板広告』のように、プロモーションでも派手な火花を散らしている両社ですが、今回の鮮やかな企画には、さすがのマクドナルドも脱帽かもしれませんね。

注目映画のコンテンツに便乗してまでライバル会社をディスってしまうあたり、いかにも海外ならでは…の施策でした。