Case: Chair Executive Officer

アパレルブランド・ディーゼルが、“CEOの募集”を行っています。募集用のムービーに登場するのはディーゼルの創設者レンツォ・ロッソ氏。

CEOが空席となってしまい「心にぽっかり穴があいてしまった」と語るロッソ氏は、CEO=“Chief Executive Officer”ではなく、“Chair Executive Officer”を募集すると発表。

“Chair”の名称の通り『椅子への座りっぷり』を選考するというこの“職種”。その選考はディーゼルのFacebookページで当該投稿のコメント欄に、自分自身がクールだと思う『椅子への座りっぷり』を投稿してもらうというもの。

優秀者にはイタリアのディーゼル本社にて「ボス」のように椅子に座る権利が用意されているといいます。

こちらが実際の投稿です。コメント欄を見ると、ユーザーの投稿一つ一つにウィットに富んだ内容で適切に返信しているのが印象的。

応募は締め切られ、現在は選考中。発表やCEO本社“就任”の様子など、引き続きSNSでの情報発信が期待されます。