Case: One-Star Reviews

アメリカのユタ州にあるスキーリゾート・Snowbird。標高3,000mを越えるという巨大な雪山にはたくさんのゲレンデが設けられていて、初心者から上級者までスキーやスノーボードを楽しむ人が集まる人気の場所です。

そんなSnowbirdを訪れた一人の男性が、以下のようなレビューを残しました。

「Too Advanced. I heard Snowbird is a tough mountain, but this is ridiculous. It felt like every trail was a steep chute or littered with tree wells. How is anyone supposed to ride in that? Not fun.
(難しすぎる。Snowbirdはタフな山だとは聞いていたけれど、コースは全部恐ろしく急だ。こんなコース誰が滑れる?全然楽しくなかった。星1つ[満点は5つ])」

かなり辛辣な評価ですが、Snowbirdはなんとこのコメントをそのまま使い、スキー雑誌に広告を掲載。

険しく切り立った山を背景に、斜面を滑り降りるスキーヤー。その体を覆い隠すほどパウダースノーが舞い上がっていることから、かなりのスピードを出している様子が生き生きと臨場感をもって伝わってきます。

この画像に先ほどの(ウィンタースポーツ初心者による)ネガティブなレビューを重ねたことで、逆にスリルとチャレンジを求める上級者への絶好のPRポイントとなったというわけです。

1枚の写真によって、ネガティブなコメントをプロモーションへと変化させた、鮮やかなアイディアが光るプリント広告でした。