Case: The Whopper Bus

この秋、バーガーキングがベルギーに国内初となる店舗をオープンします。

記念すべき1号店の場所は、首都ブリュッセルの南東部に位置するオーデルゲムという地域。バーガーキングは、少しアクセスの悪い所にあるこの店と、街の中心部を結ぶ直通バス、その名も『ワッパーバス』を運行することにしました。

真っ赤な車体にお馴染みのロゴマークが描かれたド派手なバスは、9月13日から16日までの期間限定で、ワッパーの上陸を待ちわびたお客さんを乗せて走行しました。

実は今年、ベルギーに出店するにあたり、バーガーキングは「Who’s the King?(王様はどっちだ?)」と題し、バーガーキングとベルギーのフィリップ国王のどちらが王に相応しいかをユーザーに問いかけるオンラインキャンペーンを展開。王室から厳しい批判を受けるという事態に発展していました。

バーガーキングといえば、独自の仮想通貨『ワッパーコイン』を発行(ロシア)、グーグル・ホームを勝手に作動させて炎上(アメリカ)など、破天荒すぎる広告がもはや定番。

ベルギー王室をいじるというデジタル施策に始まる、今回のプロモーションを手掛けたクリエイティブエージェンシーによると、早くも来年に向けた新たな企画を思案中だとのこと。次はどのようなアイディアで驚かせてくれるのか、楽しみですね。