Case: Taste Face

イギリスの朝食に欠かせない、マーマイトという食べ物をご存知でしょうか。マーマイトはビールの酒粕を原料に作られた黒っぽいペースト状のもので、トーストやクラッカーにつけて食べるのが一般的ですが、独特な味と香りがあるため、イギリス人の間でも好みが真っ二つに分かれるのだとか。

マーマイトをめぐっては、これまでにも好き・嫌いの論争が繰り返されてきましたが、発売元のユニリーバは『マーマイト好きか否か』を、顔認証技術を使って判定することができるツール『TasteFace』をリリースしました。

使い方は簡単。スマホでサイトにアクセスした後、トーストにマーマイトを塗って食べます。

味わっている自分の顔をスマホで録画すると、顔認証システムがその表情を分析。「好き」or「嫌い」を客観的に(?)判定してくれるというわけです。

わざわざこんなツールに頼らずとも表情を見れば一目瞭然ですし、そもそも機械的にジャッジしてもらう必要性があるのか…?と言われればそれまでなのですが、好き嫌いがハッキリと別れる食べ物だからこそ成り立つ、ユニークな企画でした。

顔認証システムを活用した世界のユニークなプロモーションに関心のある方はこちらもご覧ください。