Case: The Whopper Severance

アメリカのバーガーキングが、仕事をクビになった人を対象にワッパーを無料でプレゼントするというユニークなキャンペーンを実施しました。

8月29日から9月1日までの間、LinkedInのバーガーキングアカウントで仕事を失ったことを公言したユーザー先着2,500人に、ワッパーが無料でもらえるクーポンを送付するこの企画。どうやら同社の最大のウリである『直火焼き(fire grilled)ビーフパティ』と、『解雇される(fired)』という、同じ綴りでも意味の異なる二つの言葉をかけているものと思われます。

クビ宣言をした人の中から選ばれた100人には、オンライン転職サイトによる30分の就職相談も受けられるとのこと。

職を失ってしまうことは残念ですが、「仕事クビになっちゃったよ! とりあえず、まぁ、ワッパー食べよ!」と明るく宣言することができるようなポジティブ思考の持ち主ならば、次の職も早く見つかりそうな気がしますね。