Case: Technology and Life

世界的半導体メーカー・Intelが、ブラジルのサンパウロにある老人ホームで実施した、VRを使った取り組みをご紹介。

インテルが施設に暮らすお年寄りの皆さんに自分の夢を語ってもらったところ、「今まで行ったことのない場所に行ってみたい」「昔訪れた思い出の場所にもう一度行きたい」という願いが多くあったそう。そこで同社は彼らにバーチャル旅行を楽しんでもらうことを企画しました。

「ずっとスペインに行ってみたかった」と話すこちらの女性、もちろんVR体験は初めてです。

ヘッドセットを装着すると目の前に広がるスペインの街並みに、驚きを隠せません。

またクラシック音楽が好きで、一度でいいからバレエを観たいと願っていた女性は「何て美しいの!」と感極まって涙を流します。

お年寄りの長年の夢を叶え、科学技術が人を幸せにすることを証明した今回の取り組み。社会貢献活動に積極的に取り組むインテルによる、CSR施策でした。