直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、日産、別府市/ログバー、クリナップ、パイ インターナショナル、カーセンサーの5つの事例をご紹介。

1:奇抜すぎるサーキット vs スカイラインの技術(日産)

THE WILDEST CIRCUIT

日産は、今年60周年を迎えるSKYLINEの技術を実証すべく、ある大物画家にコースデザインを依頼。レーシングドライバーのミハエル・クルム氏がその奇抜すぎるサーキットコースに挑戦するムービーを公開。

そのサーキットは、ある「大物」画家によりデザインされたもので、その画家とは、体調2メートルを超える豚、ピガッソ(PIGCASSO)。ピガッソが設計したコースだと事前に知らされていなかったクルム氏は、戸惑いながら運転を始めるが、SKYLINEに搭載された、ハンドルの動きを電気信号でタイヤに伝える世界初の革新的技術Direct Adaptive Steering (DAS -電気信号ステアリング)による走行性能技術により見事走破することに成功する。

2:日本一の温泉都市「別府」、世界初の友達都市[TOMODACHI-CITY]試行プロジェクト(別府市/ログバー)

温泉源泉数・湧出量ともに日本一を誇る温泉都市・別府市は、世界中で動画再生回数1億回を突破し話題の翻訳デバイス「ili(イリー)」を9月より導入。観光「まち」づくりから観光「ひと」づくりへの実践を目指し、ili(イリー)を手掛けるログバーと別府市はともに、 世界初の友達都市(TOMODACHI-CITY)試行プロジェクトを開始する。別府市の観光資源に対する潜在的な関心が高まる中、観光を軸としたまちづくりで必ず起こる言語の問題に対して、最先端の技術を使用した世界初の取り組みとなる。

3:「平野レミのカンタン!ワイルド!クッキング」Webムービー(クリナップ)

クリナップは、Webムービー「平野レミのカンタン!ワイルド!クッキング」を、8月17日(木)より公開。本ムービーは平野レミさんが料理「金粉ボーボージャングルバーグ」をつくるクッキング動画となっており、タイトルに「ワイルド」と入っているだけに、平野レミさんの暴走とも言えるような、ワイルドに料理をする姿は必見モノとなっている。

そして、ムービー内では、引出しの中の液体をこぼしてしまうというハプニングにより、引出しの中やキャビネットの中までステンレスでできている等、すぐ綺麗にできるクリナップのキッチンのさまざまな性能の高さがわかるものとなっている。

4:エスビー食品のシュガー&シーズニング「おひさまキッチン」シリーズから生まれた絵本(パイ インターナショナル)

パイ インターナショナルは8月22日(火)に、エスビー食品のシュガー&シーズニング「おひさまキッチン」シリーズから生まれた絵本『おひさまキッチン パンダくん いそいで!』を刊行。その出版記念に、「ゴロゴロして見る絵本原画展 パンダくん いそいで!」も実施。

会場では、ふわふわのパイ生地に見立てたクッションに寝転びながら、原画を眺めることができる。また、毎日抽選で1名に、絵本の表紙に似顔絵を描いて、世界でたったひとつの絵本をプレゼントする。

5:表紙が「ぬりえ」(カーセンサー)

だいすき!スーパーカー!

リクルートマーケティングパートナーズが企画制作する中古車情報誌『カーセンサー』10月号では本号では、「だいすき!スーパーカー! ~今月は子どもと一緒に自由研究~」と、カーセンサー初の子ども向け特集を実施。その特集に合わせて、表紙も子ども向け「ぬりえ」仕様になっている。

材質も、色鉛筆やマーカー、クレヨンなど道具を選ばず色が塗りやすいものとなっており、自宅にある道具ですぐに楽しめる。また、実際に着色した「ぬりえ」作品をツイッターにて募集。応募の中から合計3名様に人気のトミカをプレゼントするキャンペーンも実施。


AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。