Case: My Straw

韓国の乳飲料「Binggrae Banana Flavored Milk」が、定番商品を若者に訴求するためにリリースしたWeb動画をご紹介。

様々な生活シチュエーションを想起する5つのシリーズムービー。“定番飲料を最大限楽しんでもらうため”に同社が考案した、独創的な5種類のストローをそれぞれフィーチャーすることで「こんな時に飲むといいかも!?」というメッセージを、押しつけがましくなく、“若者に寄り添う体裁”で表現しています。

それではYouTubeでの再生回数が多い順に映像を簡単にご紹介します。

1.「リンガーストロー」は、風呂上がりなど何本も飲み干したい時に。

2.「ワンショットストロー」は、熱いものを食べた時に、霧のように噴射してその冷たさと甘さで口の中をスッキリ。

3.「SOSストロー」は、飲み過ぎた翌日など寝転がりながらの栄養補給に。

4.「ラブストロー」は、恋人と一緒に飲みたい時に。

5.「ジャイアントストロー」は、トレーニング中、一気に飲みたい時に。

これらのムービーをリリースして3週間で各種SNS累計2,000万回の視聴に到達。さらにECサイト・Gmarketでは5つのストローのうち3つが実際に販売され、初日に3,000セット以上が売れ、1週間以内に売り切れとなったといいます。

ストローの開発に使用した目新しい機能などは特にないと思われますが、「全長“1.7m”のストロー」「“12mm”のジャイアントホール」など、数値を大々的にフィーチャーしている点がどことなくシュールで視聴者の関心を惹くポイントかもしれません。

定番商品を若者に新たに売り込むために、付属品のストローにフォーカスしたチャーミングなWeb動画シリーズでした。