Case: 133 #DeltaDestinations

アメリカ ニューヨークのブルックリンに、見た人が思わず旅に出たくなるようなビルボードが登場しました。

デルタ航空とワイデン+ケネディが仕掛けたこのビルボードには、ニューヨークのJFK空港・ラガーディア空港からデルタ航空で渡航することのできる133の空港の“コード”がずらり。ポイントは“コード”を単なる記号ではなく、それぞれの都市の特徴を表すチャーミングなイラストで描いているのです。

例えばスペインのMAD→アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港は、スペインだけに闘牛。イギリスのLHR→ヒースロー空港は、イギリスの近衛兵といった具合に表現されています。





デルタ航空のFacebookページで紹介されたこちらの動画でも、様々なコードのイラストが公開されています。



さらにはこのイラストをモチーフにしたSnapchatのフィルターや、Tシャツ、キャップ、マグカップなども購入可能なオンラインストアも用意されています。

ニューヨークに集う様々な人たちが思わず旅に出たくなったり、故郷に思いを馳せられるチャーミングな屋外広告でした。