Case: Magic Bench

AR(Augmented Reality)やMR(Mixed Reality)技術は、ユーザーに鮮烈な没入感のある体験を提供することができます。しかしスマートフォンやヘッドマウントディスプレイなど“一人”で楽しむデバイスを通しての体験になるため、友人や家族などと一緒に楽しむことができません。

そこに目を付けた米ディズニーリサーチ*が、先日生み出したのが「MAGIC BENCH(魔法のベンチ)」というシステムです。[*ディズニーリサーチは「The Science Behind The Magic」というコンセプトのもと、ディズニーグループで新たな“魔法”を創るために日夜研究に励んでいる組織です]

このベンチに座ると、目の前の大画面を通して様々なキャラクターとの交流を楽しむことができるのです。

仕組みの根幹となるのはカメラとMicrosoft Kinectセンサー。センサーによりその環境を3Dで再構築し、ポイントクラウドの各ポイントを頂点としてポリゴンを描画。ソリッドメッシュの外観を作成しています。そしてメッシュはRGBカメラフィードに反映されます。

さらにベンチの裏にはアクチュエーターを設置。キャラクターの位置に基づいて振動や周波数などを調整。キャラクターがベンチに座った時に、まるで隣にいるような感覚や、音(例えば下記の画像では“ゾウが寝ている鳴き声”がそばで聞こえています)などを合わせて体感することができます。

一人ではなく、友人や家族などと一緒に“魔法のような体験”ができる「MAGIC BENCH」。ディズニーの運営する施設でのアトラクションで、様々なキャラクターと交流できる–そんな活用が今後期待できそうです。

(via Disney Research)