Case: The Art Of Driving

スバルがAWD(全輪駆動車)の“運転の安定性”をアピールすべく、パナマでユニークなキャンペーンを実施しました。

“運転の安定性”を実現したのは、スバル独自のAWDシステム「シンメトリカルAWD」。

しかし、実際に同社のAWDを運転したことがない人にはこの“安定性”はなかなか伝わりにくいもの…そこでグラフィックアーティストのManuel Salvador氏を招いて、“安定性”を目に見える形で証明するユニークな実証テストを行いました。

そのテストとは、Salvador氏にフルスピードで走り回るAWDの助手席に乗ってスケッチブックに絵を描いてもらうというものです。

車内が激しく揺れていたら絵を描くことができないため、もし絵を描けたら車内が安定している証明になるというコンセプトです。

こうして完成した作品がこちら。車内で描いたとは思えない味のある作品が出来上がりました。

本キャンペーンをまとめた動画のラストはこのようなメッセージで締めくくられています。

DRIVING IS AN ART, WE JUST SHOW IT.
(運転は芸術である。我々はただそれを形にしただけです。)

なかなか伝わりにくい“運転の安定性”を、まさに目に見える形で表現したスバルのお洒落な取り組みでした。