Case: Dream Makers

ホンダがイギリスで『Dream Makers』と題したクリエイティビティ溢れる新CMを公開しました。

映画制作に欠かせない“クリエイティブな要素”と“テクニカルな要素”は、実は自動車開発においても大切な要素。本CMはスケッチからビジュアルエフェクトまでの映画制作の過程を紹介することを通じて、“自動車の開発がいかに夢に溢れたものか”を表現するというコンセプトです。

CMは全部で4つのシーンに分かれており、それぞれのシーンに新型「Civic」、「CR-V」、「Africa Twin」、そして 「Civic Type R」が登場します。

例えば、新型Civicが登場するのはスパイ映画のようなシーン。スケッチが徐々に絵コンテへと変わり…

最後はビジュアルエフェクトでまるで実写のような映像が作り上げられていきます。

またCR-Vが登場するシーンは雰囲気がガラッと変わってまるでSF映画のよう。

Africa Twinが登場するのは壮大なアクション映画風のシーン。

最後は巨大ロボットが街を破壊する場面に Civic Type Rが登場して映像はフィナーレを迎えます。

映画制作同様、自動車の開発には高い技術力に加え、ワクワクする気持ちが重要であることを訴える英ホンダのCMでした。