Case: Lion Man

“大切なこと”をするためには、居心地のいい部屋でリラックスして力を蓄えることが大切。そのいい例として、ライオンは1日に18時間もリラックスする時間を取っているといいます。

イギリスのイケアはグローバルキャンペーン「Wonderful Everyday」の一環として、リラックスのシンボルとも言えるライオンを活用したユニークな新テレビCMを公開しました。

映像は、1匹のライオンがソファに寝そべりながらリラックスしているシーンから始まります。穏やかな空気が流れる、なんとも居心地がよそうさなリビングです。

ジュースを飲みながら本を読んだり、のんびりテレビを見たり…

お洒落なテラスでヨガもします。

心も身体も完璧にパワーチャージされると、ついに行動を起こす時がやってきます。

ライオンということもあり、“狩りの時間”かと思いきや…

突然沢山の子供たちが「遊んで!遊んで!」とライオンの元に押し寄せます。本CMでライオンは人間の親を表しており、“大切なこと”とは子供たちと全力で遊ぶことだったのです。

重要なことのためにエネルギーを蓄えられる“快適なリビング”の大切さを伝えたイケアの新テレビCMでした。