Case: Predictive Tweets

フランスのフォードが、自動車の安全性能などを向上させるための“予測技術”の高さをPRすべく、型破りなデジタルキャンペーンを実施しました。

その内容とは様々なハプニングが付きものの仏自動車耐久レース「ル・マン24時間レース」の予測を的中させることによって実証しようという企画です。

しかし、「ル・マン24時間レース」の予測を的中させるのは至難の業…
そこでこのような方法を考案しました。

まず、キャンペーン用にTwitterアカウントを作り、レース開催“1週間前”に当日起こり得る約1万通りもの予測をツイートします。この時アカウントには鍵がかかっており、ツイートは誰にも見られないようになっています。

こちらが実際に投稿されたツイートの一部です。

1位はアストンマーチンの97号車、2位はフォードの67号車、3位はシボレーの63号車という結果になるでしょう。

ポルシェの2号車に問題が発生するでしょう。

トヨタの9号車が11時間目で停止してしまうでしょう。

そしてレース終了後に予測が外れたツイートを全て“削除”し、予測が当たったツイートのみを残した状態でアカウントを公開します。実際に予測を的中させたわけではありませんが、ツイートはレースの“1週間前”の日付で投稿されているため、同社の予測が全て的中したように見えるのです。

更に予測が的中したツイートに、このようなメッセージを付けてリツイートします。

道路ではどんなことでも起こりえますが、幸いなことにフォードの“予測技術”さえあれば、予測不可能なことなど何もないのです。

思わずクスッとする方法で予測技術の高さをPRしたフォードのデジタル施策でした。