Case: Kiss the Kremlin

性的少数者(≒LGBT)の人権侵害について、これまで世界中から批判を受けてきたロシア。今年4月にロシア南部チェチェンで100人以上の男性同性愛者たちが拘束されたことを受け、その批判は更に過熱を見せています。

そんなロシアに対して各地で抗議活動が行われる中、ブラジルの人権保護団体Ssex Bboxがユニークなデジタル抗議キャンペーンを実施し大きな注目を集めました。

『Kiss the Kremlin』と題した本取り組みで着目したのはインスタグラムの位置情報機能。世界各地のLGBTの人々に以下の流れでキャンペーンに参加するよう協力を呼びかけました。

まずはパートナーと“キス”をしている写真を撮影します。

Instagramで公開する際に、その撮影スポット(位置情報)として、モスクワの中心地に建つ世界遺産の宮殿“クレムリン”を設定します。

最後に“LGBTの権利のためにキスをしよう”という意味のハッシュタグ「#KISS4LGBTRIGHTS」を付けて投稿したら完了です。

本施策はモデルのナオミ・キャンベルを始め、莫大なフォロワー数を誇る著名人の支持を得て世界中に拡散。約5,800万人ものインスタグラムユーザーにリーチし、大勢の人々がキャンペーンに参加することで、Instagramのクレムリン(スポット)の投稿が“LGBTのキス”の写真で埋め尽くされたといいます。

更には本試みがきっかけとなり、国連大使のマルクス・ヴィニシウス氏がLGBTの人権保護のためのスピーチを行ったといいます。

こちらの企画は今後、北朝鮮やアフガニスタンなどへの展開も検討してそうです。