Case: #SpiderManDIY

今年の夏に公開される、スパイダーマンシリーズの最新映画『スパイダーマン:ホームカミング』。本作はスパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバース(様々なマーベルのアメコミヒーローが同一の世界観を舞台に共演する作品)に登場する形となっており、注目を集めています。

主人公は一人前のヒーロー気取りの15歳、ピーター・パーカー(=スパイダーマン)。アイアンマンのトニー・スタークにもらった特製スーツを身に着けて日々街へと飛び出していきます。

そんなある日、突如現れたアイアンマンの宿敵・バウチャーによって、ニューヨークは大混乱に。一日も早く自分の力を認めてもらいたいピーターは、スタークの忠告も聞かずひとりバウチャーに挑むが…というのが物語のあらすじです。

主人公が真のヒーローとなっていく過程を描いた点や、アイアンマンとの夢の競演もさることながら、シリーズを通して大きな見どころとなっているのが、ピーターが手作りする自前のスパイダーマン・スーツ。

もちろん本作においても、スタークが開発したハイスペックスーツを取り上げられてしまったピーターが、ニット帽とゴーグルというちょっとダサいいでたちで登場します。

この“ファンにとってはたまらないシーン”をさらに盛り上げるため、配給元のSony Pictures Entertainmentは『DIY Suit Challenge』と名付けたスパイダーマン・スーツの手作りコンテストを企画。6人のユーチューバーを招き、それぞれオリジナルのスーツを作るというミッションにチャレンジしてもらうことにしました。

テンション高く作業に取り掛かる6人。頭の中のイメージを、真剣な表情で形にしていきます。

そして思いの丈が詰まったオリジナルコスチュームが完成!
するとピーター・パーカーを演じるトム・ホランド本人がサプライズ登場し、参加者たちの盛り上がりはマックスに!自分の作品を思う存分アピールしたのでした。

こちらのコンテストはDIY Suit ChallengeのHPにて一般のユーザーからも募集を行ったとのこと。応募作品のクオリティーの高さに驚きですね。

ファン待望の『スパイダーマン:ホームカミング』は、アメリカでは7月7日、日本では8月11日に公開予定。ストーリーはもちろん、ぜひコスチュームにも注目してご覧になってはいかがでしょうか。