Case: EarnTheJersey

昨年9月に英イングランドのプロサッカークラブ マンチェスター・ユナイテッドとグローバルパートナーシップ契約を結んだインドのタイヤメーカー「アポロ・タイヤ」が、その宣伝効果を活用すべく、サッカーファンに向けてスマートフォンアプリをリリースしました。

『Earn The Jersey』と名付けられたこのアプリは、選手たちが歴史的瞬間に着用していたユニフォームを集めていくゲームアプリ。サッカー関連のアプリとしては初めてAR技術を活用しています。

遊び方の手順はこのようなもの。アプリをダウンロードしたら、まずはFacebookアカウントかGoogleアカウント、もしくはメールアドレスでユーザー登録を行います。

次に同社のロゴをスキャン。するとスクリーンにユニフォームとボールが表示されるので、ボールをスワイプしてシュートをします。見事シュートが決まるとユニフォームを獲得できるという仕組みです。

他にも、同社のタイヤ製品「ALNAC 4G」を集めたり、友人20名に本アプリを紹介すると、ボーナスユニフォームを獲得できます。

ゲームはレベル1から3までの全3レベル。

全レベルをクリアすると、「スター選手のサイン入りユニフォーム」が当たるプレゼントキャンペーンに応募できるようになるといいます。

アプリはアップルストアとグーグルプレイにてダウンロード可能。サッカーファンのエンゲージメントを向上させるプロモーションアプリでした。