Case: Mixerworks

先月25日にマイクロソフトがローンチした、ゲーム動画のライブ配信サービス・Mixer。視聴者はただリアルタイムで映像を観るだけでなく、配信元のストリーマーと一緒にゲームをプレイできる点が大きな特徴です。

サービス開始日の夜、Mixerではを記念イベントとして花火を打ち上げ、その様子をライブ配信することにしました。

といっても、ただ花火があがる様子を視聴者に見せるだけではありません。Mixerのインタラクティブ性をPRするため、画面に用意されたボタンを押すことで、ユーザーが花火の色や形、大きさなどを選ぶことができる仕組みとなっています。

イベント開始と同時に、ビューアーたちの操作によってどんどん夜空へと打ち上げられていく数千発の花火。

Mixerの一番の強みは、映像の配信にあたってほとんどタイムラグが発生しないということ。そのスピード感をユーザーに体感してもうことを狙ったローンチプロモーションでした。