Case: Veggie Heros

ルーマニアでは4人に1人の子供が肥満と言われ、20年前と比べてその数が3倍も増したといいます。

一体子供たちはどうしたら野菜を食べてくれるのか…この課題を解決すべく、大手スーパーマーケットチェーンがユニークなキャンペーンを実施しました。

『VEGGIE HEROES(野菜のヒーローたち)』と名付けられた本施策は、店頭に陳列している野菜を様々なヒーローに変身させるというもの。

例えばチコリーのペンギンにキウィのクマがいたり…

カリフラワーのヒツジに、ズッキーニの恐竜も。

ナスの宇宙飛行士にニンジンのロケットもいます。

店頭に並べられたこの可愛らしいヒーローたちは、子供に気に入られ人気者に。

その人気を更に高めるため、同社は野菜のヒーローたちが主人公の絵本シリーズを出版したり、店頭ではショーを披露しました。

合わせて小学校では食生活セミナーを行い、SNSを中心に大きな話題となりました。

本施策の結果、野菜と果物の売上がなんと300%UPし、来店者数も11%増加したといいます。野菜に対する子供たちのマイナスイメージを覆した画期的なプロモーションでした。