Case: Gatorade Amplify

スポーツ飲料ブランド「ゲータレード」は昨年11月にアメリカで、トレーニング内容に合わせて最適な音楽プレイリストを作成してくれるサービス『Gatorade Amplify』の提供を開始しました。

その準備段階として、音楽ストリーミングサービス・Spotifyに協力を依頼。アスリートがよく聴く音楽の特性(テンポ・リズム・ボリューム・響き・エネルギーなど)について研究を重ねました。

『Gatorade Amplify』の使い方は簡単で、Spotifyと同期後、設定画面で“トレーニングメニュー”と“運動時間”を入力し、「プレイリスト作成」ボタンをタップするだけ。

するとそのトレーニング内容に最適なオリジナルプレイリストが自動で作成されるようになっています。

“運動のタイプ”によって最適な音楽が変わるため作成されるプレイリストは様々。

例えば高負荷と低負荷を交互に繰り返すインターバルトレーニングの場合、高負荷の間は激しいリズムの曲が流れ、低負荷になるとスローな曲に変わります。

更にパフォーマンスを高めるために、休憩中はゲータレードで水分補給をすることを推奨しています。

本施策は様々なメディアに取り上げられ、リリースから3ヶ月でプレイリストの視聴時間は合計約2.5年を記録。普段から運動している人であれば一度はトライしてみたくなるデジタル施策でした。

本キャンペーンのメイキング映像も公開されているので下記からご覧ください。