Case: Drive-Thruck McDonald’s

マクドナルドがドライブスルーの宣伝を目的に、ブラジルで人々を“あっ”と言わせる屋外キャンペーンを実施しました。

「ドライブスルーはいつもあなたの身近にあります。」というメッセージを伝えるべく今回考案したのは、“ドライブスルー(Drive-Thru)”と“トラック(Truck)”を組み合わせた『Drive-Thruck(動くドライブスルー)』。

ドライブスルーが近くを通ることで、その存在をより身近に感じてもらおうというアイデアです。

車内にはソフトクリームやポテトなどのメニューが用意されており、注文カウンターで希望のメニューを伝えるとその商品を無料で提供。

スタッフが窓から「ご希望のメニューはありますか?」と周りの人々に話しかけることもあれば、道行く人自らカウンターに商品を頼みにくることも。

注文カウンターでオーダーを終えたら、あとは隣りのカウンターで商品を受け取るのみ。通常のドライブスルーと同じ仕組みを採用することで、その手軽さをアピールしました。

“身近な存在であること”を斬新な方法で訴求したマクドナルドの遊び心溢れる屋外キャンペーンでした。