Case: War on Cancer

ポーランドでは毎年10万人が新たにがんと診断され、国全体では50万人が闘病生活を送っています。彼らに必要なのは同情ではなく、病気と闘う“武器”となる薬や治療のための費用です。がん患者支援団体の「Alivia」が昨年、がん闘病者への寄付集めを目的にユニークなデジタル施策を実施しました。

本施策のターゲットは、通常チャリティーにほとんど関与していないという同国の若い男性たち。今回はそんな彼らが関心の高いスマートフォンゲームアプリを制作し、“アプリ内課金”を通して寄付を集めるという方法を考案しました。

War on Cancer(がんとの戦い)』と名付けられたこのアプリは、主人公が次々に“がんモンスター”という敵を倒していくバトルゲーム。

ゲームが進むにつれ“がんモンスター”はどんどんパワーアップするため、プレイヤーは度々新しい武器の購入が必要になります。(“アプリ内課金”により武器を購入することが可能)

武器が多いほど主人公の力はパワーアップ。できるだけ数多くの敵を倒そうと、プレイヤーがついつい課金したくなる仕組みが採用されています。

武器を購入するためのアプリ内課金はAliviaのデータベースと連携しており、ゲームを始める前に“寄付をする対象”を設定できるようになっています。特定の患者を指定しない場合、寄付は全員に平等に振り分けられるような仕様です。

本施策を宣伝するため、同団体はあえて普通のゲームアプリを紹介するかのようなティーザーCMを出稿。結果、見事ターゲットの注目を集め、最終的には500万ズウォティ(約1億5,000万円)を超える寄付金を集めることに成功しました。

アプリ内課金を通して多額の寄付を集めたNGO団体による斬新なドネーションプログラムでした。

(via Alivia