Case: The Antipinky Pint

ペルーのクラフトビール・Barbarianによる、少し変わった形のビールグラスが話題を呼んでいます。

Barbarianはその名の通り、ワイルドで野性的な男性たちを主なターゲットにしているのですが、どんなに男前でも、グラスを持つ手の小指がピンと立ってしまっていては台無しですよね。

そこで作られたのが、こちらのグラス。下の方についた小さなリングは小指を通すためのもので、ビールを飲んでいる時、無意識に小指が立つのを防いでくれるというわけです。

「Antipinky Pint」と名付けたこのグラスをバーやスーパーマーケットに卸し、人々に使ってもらったところ、SNSやオンラインニュースを中心に広く拡散。270万人以上にリーチしたほか、115万ドル相当のメディア露出を果たし、大きな話題となりました。

小さな工夫ですが、これほどまでに反響を呼んだのは、たくさんの人が実は“小指問題”を気にしていたからなのでしょうね。目の付け所が秀逸なDM施策でした。


Barbarian – Antipinky Pint (case) from WiiZoo on Vimeo.