Case: Drone Dunk

毎年3月6日はナショナル・オレオ・デー(National Oreo Day)だということをご存知でしょうか。これは1912年のこの日に「オレオ」という名前を商品登録したことに由来するもので、発売元のナビスコはこの日にドローンを使った壮大なプロジェクトを決行しました。

それはオレオをドローンに搭載し、高さおよそ91mの上空からミルクの入ったグラスの中に落とすという、前代未聞の試み。91mといえば自由の女神とちょうど同じ高さだといいますから、何とも無謀なチャレンジであることが分かると思います。

数百個ものミルクを用意し、風向きを入念にチェックした後、オレオクッキーのコスチューム(?)をまとった5機のドローンがNYの空へと飛び立ちます。

そしてスタッフのカウントダウンに合わせてオレオを投下!

見事牛乳の中へと沈めることに成功したのでした。

今回のプロモーションは、同時期に行われていた「牛乳めがけてオレオを“ダンク”する様子」か「スーパーでオレオのパッケージを抱える様子」を、写真か動画で撮影してSNSに投稿する『OREO DUNK CHALLENG(オレオ・ダンク・チャレンジ)』とも連動しており、この実験の様子を収めた映像は400万回も再生されています。

クッキーをミルクに浸す、ただそれだけのことを、ここまで大がかりに、そして大真面目にやってしまう遊び心が素晴らしいですね。