Case: Movistar Speed Control

スピードの出し過ぎが原因で、高速道路での死亡事故件数が昨年17%も増加したペルーのリマ地区。この状況を憂慮した携帯キャリア・Movistarが、ドライバーによる“スピードの出し過ぎ防止”を目的としたユニークなキャンペーンを実施しました。

キャンペーン名は『Leave speed to the internet(インターネットのために、スピードを取っておきましょう)』。高速道路で制限速度を守って走行すると、その“ご褒美”として「インターネット通信量をプレゼントしてもらえる」というドライバーにとって嬉しい企画です。

走行スピードを計測するために、同社は『スピードコントロール』という名前のアプリを開発。使い方は簡単で、アプリを開いて目的地を設定するだけです。

あとは高速道路のエントランスバーをくぐると、アプリが自動的にGPS機能を使って走行スピードの計測を開始。

制限速度を超えずに目的地にたどり着くと、1GBの通信量をプレゼントされるという仕組みです。

またアプリには同乗者がドライバーに対してスピードダウンするように注意できる機能も付いています。

この画期的なアプリは数多くのメディアに取り上げられ、合計で1,020万インプレッションもの露出を獲得。数千人ものドライバーが『スピードコントロール』を利用し、98%の人々がポジティブなフィードバックをしているといいます。

合計20万キロメートルのドライブに安全をもたらした本キャンペーン。交通安全という社会貢献の役割を果たしながら、国内最速のインターネット通信という自社の強みをアピールした携帯キャリアのデジタル施策でした。