Case: There’s always room for more

インドのムンバイを拠点に動物愛護活動を行う団体・World for All Animal Care and Adoptionsによる、シリーズプリント広告をご紹介。手掛けたのは写真家のAmol Jadhav氏、そしてアートディレクターのPranav Bhide氏です。

まずはこちらのクリエイティブをご覧ください。

どれも幸せそうな家族写真ですが、中央の白い背景部分に注目すると、上から順に『イヌ』『ウサギ』『ネコ』が見えるかと思います。

右下には「There’s always room for more. Adopt.(家族写真には、いつだってスペースがある。里親になってください。)」というタグライン。

「行き場のない動物たちを受け入れ、家族写真に入れてあげてください」とコミュニケートした、美しいクリエイティブでした。

(via Behance)