Case: Free Yourself from Colors

100年の歴史を持つカメラメーカー・ライカより、白黒専用のデジタルカメラ『ライカMモノクローム(TYP246)』のプロモーション動画がブラジル、フランス、ドイツで公開されました。

『Free yourself from colors(あなた自身を色から解放せよ)』というタイトルの映像では、白と黒が他のどの色よりも鮮やかで表現力に溢れていることが語られます。

黒と白よりも鮮やかな色などない。
血のような赤、芝の緑、水の青。
色の洪水に溢れた世界には、夢を見る余地がない。
色は命令し、視覚はそれに従う。
真面目で面白みのない独房、想像力を死刑へと追いやる道。
モノクロは国家や権威の存在を望まない、無政府主義者のようなものだ。
その世界では、規範はそれを作り出す人のためにだけ、存在する。
黒はオレンジに、くり色に、そして紫に。
白は黄色やライラックになる。
黒と白は全ての色。
色という監獄の中で、モノクロは日光浴のようなものだ。
ライカMモノクローム。色の世界から自分自身を解き放て。

ナレーションに合わせて流れる映像は、前半はパソコンで制作したグラフィックアニメーション、そして後半はライカで撮影した写真をつなぎ合わせたストップモーションアニメになっています。

ライカMモノクロームが描き出す無限の可能性を独特の世界観で表現した、アーティスティックな作品でした。