Case: First Facebook Chat-bot Guide for Museum

ベラルーシの国立美術館・National Art Museum of the Republic of Belarusが、Facebookメッセンジャーのチャットボットを使ったガイド機能をローンチしました。

チャットボットは、ユーザーから送られてくるメッセージに対し、適切な返事を自動で返信してくれるプログラム。美術館を訪れた人は、Art Museum BelarusのFacebookページでチャットボットとベラルーシ語、ロシア語、英語の中からひとつ言語を選んで会話することができます。

館内を回りながら、気になった作品の名前をボットに送信すると、その作品に関する様々な情報を送り返してくれるという仕組みです。

このシステムは来館者に非常に好評で、サービスをスタートしてわずか1時間で130回も「Thank you!」というメッセージがボットに向けて送られてきたとのこと。

将来的にはウェブやアプリに置き換わるのではないか、とさえ言われるほど注目を集めているチャットボット。様々なサービスや人工知能などの技術と絡めて、幅広い用途への活用が期待されます。


NODUCK first facebook chat-bot guide for museum from NODUCK on Vimeo.