Case: Dove is in the air

これまで「Real beauty」をテーマにして様々なプロモーションを行ってきたボディケアブランド・Dove。今回はベルギーで、新商品のボディソープの宣伝を目的に人々の目を引くアンビエント広告を実施しました。

場所は、アントウェルペン中央駅。彩り豊かな大理石の調和のとれた美しさと、博物館のような重厚さが圧巻で「世界でもっとも美しい駅」のランキングの常連でもあります。

同社はそんな美しい駅構内に真四角のブースを設置し、軽い素材でできた“ハトのオブジェ”を空中に発射。

空中をゆらゆらと舞う“ハトのオブジェ”に、市民も思わず足を止めてその様子を眺めます。

また用意された網で“ハトのオブジェ”を捕まえることが出来た人には、新商品とバスローブがあたる嬉しい特典もありました。

Doveの思わず魅入ってしまう美しいアンビエント広告でした。