Case: LikeShow

ロシアのチケット販売サイト・Ticketland.ruが、モバイルアプリのローンチをPRするため、インスタグラムを活用したユニークなプロモーションを実施しました。

サンクトペテルブルク市内には由緒ある劇場が数多くあり、大勢のインスタグラマーが演劇やオペラなどを鑑賞した時の写真を日々アップしています。

そのようなユーザーは、よく自分のアカウントに劇中の有名な一節、例えばハムレットの「To be or not to be(生きるべきか死ぬべきか)」などを載せており、それに対してたくさんの『いいね!』がついています。

そこに着目したTicketland.ruは公式ページで演劇に関するクイズキャンペーンを実施しました。

出題した問題は、ウクライナ人劇作家、ニコライ・ゴーゴリの代表作である『検察官』の一部分を引用し、文章を並べ替えたものを正しく戻すという内容。正解した人には演劇のチケットを割引価格で購入できるクーポンをプレゼントしたのです。

このキャンペーンは低予算にもかかわらず、大勢のユーザーに広まり、スタートしてわずか2週間で1万6,800人がクーポンを手に入れたほか、このプロモーションを機にTicketland.ruのアプリは5,700回ダウンロードされたとのこと。

演劇好きな人たちをターゲットに、話題性と拡散性を備えたチケット販売サイトによるインスタグラム施策でした。