Case: Tennessee Department of Tourist Development Live from Tennessee

ミュージシャンが訪れることの多いアメリカ テネシー州。様々なイベントなどで人気アーティストがシークレットゲストとして登場することもあり、音楽好きにはたまらない地域です。

そんなテネシー州の魅力を伝えるべく、テネシー州観光局がシカゴで、世界初となる「インタラクティブなコンサートライブ配信」を行いました。

3日間限定でシカゴの中心街に両面のデジタルサイネージを設置し、4人の人気アーティストのコンサートの様子をテネシー州からシカゴに向けて、生中継で配信しました。

観客の様子をリアルタイムで確認できるよう、アーティストの前にはスクリーンを設置。アーティストと観客間のコミュニケーションを可能にしました。

「サイン入りポスターを欲しい人はいますか?」とアーティストが呼びかけると、観客らが次々にデジタルサイネージに向けて挙手。

また、「雨の中わざわざ観に来てくれて、どうもありがとう!」と看板の向こうの映像を見て、観客らに呼びかけるアーティストもいました。

本キャンペーンはTVやWebなど、多数のメディアに取り上げられ、たった1つの看板(デジタルサイネージ)で12億4,000万インプレッションを獲得。

シカゴ市民によるテネシー州への旅行予約数もキャンペーン前と比べ139%増という驚異の結果を出すことができたといいます。キャンペーンの様子をまとめた動画はこちらをご覧ください。