Case: SuperBrugsen Baby scanner

デンマークのスーパーマーケットチェーン「SuperBrugsen」が、ユニークな店内キャンペーンを実施しました。

プロモーションの対象は、こらから母親になる妊婦。来店した妊婦が自由に赤ちゃんのエコー映像を見られるよう“商品スキャナー(Vare scanner)”の横に、“超音波装置(Baby scanner)”を設置したのです。

これにはお客さんもビックリ。最初は、突拍子もないアイデアに大笑いしたり、周囲の目を気にして戸惑ったりしています。

しかしある妊婦は、次第に我が子を見たい気持ちが募り、最後は勇気を出して試してみることに。

エコー映像を見たお客さんはたちまち笑顔になったよう。家族と一緒に楽しそうに見る人もいれば、嬉しくて泣き出す人も。

同社は将来の母親を応援するために、会員になってくれた妊婦限定で「ベビーパッケージ」を無料でプレゼント。赤ちゃん用の石鹸やハンドクリームなど、3,500円相当の商品が入っています。赤ちゃんだけでなく、妊婦にも使える商品というのがこだわりとのこと。

妊娠期間という人生における特別な期間に、ユニークな手法でターゲットに寄り添い、ブランドとの関与を深めさせたスーパーによる店内プロモーションでした。