Case: Trump With Love

1月20日の大統領就任以来、指定7ヶ国からの渡航者の入国禁止、メキシコ国境における壁の建設などの大統領令を連発し、世界中で物議を醸しているトランプ米大統領。

そんなトランプ氏をモチーフにした、ちょっとユーモラスなWEBサイト『Trump With Love』が公開されました。

LAにオフィスを構えるクリエイティブエージェンシー・180LAに勤めるEduardo Rafaelさんが、仲間とともに立ち上げたこのサイト、ユーザーがテキストボックスに入力した文章を、トランプ氏がそのまま話してくれるというWebコンテンツになっています。

これまでのスピーチやインタビュー映像から、ひとつひとつの単語を抜き出し、ストックした3,100以上ものクリップをつなぎ合わせることで、自由に文章を組み立てることができる仕組みです。

例えば…
「All You Need Is Love(愛こそはすべて)」

「I Love the Media(メディアを愛している)」

など、選挙期間中からヘイトスピーチを繰り返してきたトランプ氏の口からは、絶対に出てこないだろうと思われるようなフレーズも、簡単に作成できてしまうというわけです。

作った映像はSNSでシェアすることが可能。制作に携わったRafael Rizutoさんによると、「このコンテンツは、トランプ大統領を非難したり、笑いものにするために作ったのではなく、大統領自身が愛と思いやりに溢れる言葉を自ら口にしてくれるようになることを望んでいる」とのこと。

とはいえ、自分の思い通りの言葉をトランプさんが話してくれるのはちょっと面白いので、ぜひ試してみて下さい。

(via Trump With Love)