Case: Tap to be a life safer

水難事故を減らす活動をしているオーストラリアの非営利団体「Surf Life Saving Australia」。同団体が、バス停の看板を使い、人々を楽しませるインタラクティブ広告を実施しました。

場所はシドニーのボンダイビーチにあるバス停。南半球が夏のこの時期、サーファーはもちろん、沢山の人々で賑わっているエリアです。

同団体はバス停の看板を活用して、水難救助を疑似体験できるゲームセンター風のパネルゲームを設置。パネルに映った青色のライトが点灯した人(=溺れている人をイメージ)をタッチして、彼らを海から救助するというゲームです。

制限時間は30秒。ハイスコアを目指し、みんな夢中で頑張ります。

看板には寄付用の装置も設置されており、クレジットカードをかざすだけで、1.99ドルを寄付できるようになっています。

通りすがりにゲームを楽しんだり、中には寄付だけをしていく人も。

2週間に渡り実施される今回の屋外広告。気軽にゲームや寄付ができる、非営利団体による屋外広告施策でした。