直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、キリン、日清食品、ユーキャン、ユニリーバ、広島県呉市の5つの事例をご紹介。

1:リアルタイムでスマホから参加!視聴者参加型LIVE CM(キリン)

東西対抗のどごしうまい<生>CMキャンペーンサイト

キリンは、「のどごし<生>」のリニューアルに伴い、「のどごし<生>リニューアル記念 東西対抗のどごしうまい<生>CM」を制作した。今回放映するのは、リアルタイムでスマートフォンから参加できる視聴者参加型CM。このCMは、1月31日と2月7日の夜に1回ずつ、日テレ系「踊る!さんま御殿!!(夜7時56分~8時54分)」のどこかで放送される。

CMが始まると、サラリーマンを演じる阿部サダヲが登場。視聴者はそのCMに合わせ、専用サイトにて、東日本か西日本のどちらかの地域を選択後、「ナノリットル缶」を発射。東西対抗でうまい<生>ジョッキの完成を競う。先にジョッキをいっぱいにした地域が勝者となり、勝者の中から合計20名は1年分の「新のどごし<生>」プレゼント応募のチャンスを獲得できる。

2:歴代のボスキャラが大集結!「カップヌードル × FINAL FANTASY BOSS COLLECTION」(日清食品)

カップヌードル×FF30周年記念商品

日清食品は、2月1日午前10時より、日清食品グループオンラインストア等にて「カップヌードル FINAL FANTASY BOSS COLLECTION ボスキャラパッケージ」の先行予約受付を開始した。

「カップヌードル FINAL FANTASY BOSS COLLECTION ボスキャラパッケージ」は、スクウェア・エニックスが展開する「ファイナルファンタジー30周年プロジェクト」とコラボレーションしたアニバーサリー商品。「空腹は最強の敵だ」をコンセプトに、FFI〜FFXVに登場する歴代のボスキャラたちにフィーチャーしたオリジナルデザインの「カップヌードル」(15種)を特製ディスプレイケースに入れてお届けする。

さらに、購入特典として、抽選で30名にはファイナルファンタジー生誕30周年プロジェクトが監修した全長60cmにも及ぶ最強の食器「一撃必食!アルテマウェポンフォーク」をプレゼント。

3:パパと息子の1ヶ月のふたり暮らしを描いた心温まるWebムービー(ユーキャン)

One Monthスペシャルページ

通信教育を手掛けるユーキャンは、1月31日より「良いテキストは人生を豊かにする」というメッセージを込めて、家族愛をテーマにしたWeb限定ムービー「【One Month】パパと息子の1ヶ月のふたり暮らし」を公開した。この動画が公開された1月31日は「愛妻の日」。ムービーでは、ママへの感謝の気持ちと支え合う家族の素晴らしさが描かれている。パパ・ママはもちろん、子育て経験者でなくても共感できる内容となっている。

動画は、ママの出産の間、普段は仕事で忙しいパパが、ママと息子のために1ヶ月の育休を取り、初めてのふたり暮らしをするというストーリー。パパの奮闘と子どもの成長、絆が深まっていく様子が描かれている。

4:「#ボディソープきれた」とつぶやくだけ!「ダヴうるおいお届け便」(ユニリーバ)

「ダヴうるおいお届け便」キャンペーンサイト

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングは、ダヴ ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケアのリニューアルを記念して、Twitterで「#ボディソープきれた」とツイートすると、約60分で自宅まで「ダヴうるおいセット」をお届けする、「ダヴうるおいお届け便」キャンペーンを実施する。

第1弾は2月11日と2月12日の2日間、東京23区を対象に行われる。「ダヴうるおいセット」には、ボディソープなどの他に、ここでしか手に入らないDoveうるおいシルクパジャマが入っている。

参加方法は、Twitterで「#ボディソープきれた」とツイートするだけ。約60分で「ダヴうるおいセット」を当選者の自宅にお届けする。エリア外・当選に外れた方にもAmazonで使える割引クーポンがもれなくもらえる。

5:広島県呉市の新キャラクター「呉氏(くれし)」が誕生(広島県呉市)

広島県呉市(くれし)は、シティプロモーションの一環として、新キャラクター「呉氏(くれし)」を考案。このキャラクターの発表に合わせて、新テーマソングを用いたプロモーションビデオを2月1日から公開した。

新テーマソングは、1995年にリリース、オリコンランキング1位で158万枚をセールスしたTRFの大ヒットソング『CRAZY GONNA CRAZY』の替え歌、『呉(くれ)ー市(し)ー GONNA(ごな) 呉(くれ)ー市(し)ー』。

「呉」という漢字の読み方について、特に東日本の方から「くれ」ではなく、「ご」と読まれることが多いことから、一度見たら忘れられない、顔が地名の新キャラクター「呉氏(くれし)」を誕生させた。プロモーションビデオには、新テーマソングを活用することで、目で見ても、耳で聞いても呉市のプロモーションだとすぐ分かるインパクトのある内容となっている。


AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。