Case: Change at Jamaica

ニューヨークで通勤時間に最も混雑する駅の1つが「ジャマイカ駅」。カリブ海に位置する南国の「ジャマイカ」と同じ名前の駅ですが、今の時期は特に寒く、陽気な南国の雰囲気など全くありません。

そんな「ジャマイカ駅」という駅名に掛けて、米LCCのJetBlueがニューヨーカーに少しの間“現実逃避とリラックスをさせてあげよう”と通勤客が心躍るキャンペーンを実施しました。

ジャマイカ駅構内に特設ブースを設置。ヤシの木に砂浜、ギターにドラムと、小さな「ジャマイカ」を再現します。

2人の陽気なジャマイカ人が通勤中の人々をブースに招き、ちょっとしたリラックスタイムを提供します。

例えば一緒にダンスをしたり、おしゃべりしたりとみんなノリノリ。

そんな中、突然このジャマイカ人男性が真剣な表情で“あること”を提案します。

あなたが持っている電車のチケットと、飛行機のチケットを交換しませんか?

驚く人々の元に、どこからともなくJetBlueのCAが登場。ジャマイカへの無料航空券をプレゼントする旨を伝えます。

ようやく状況を把握した通勤客らは大喜び。

「ジャマイカ」の陽気な雰囲気で駅構内を満たしたJetBlueの遊び心溢れるドッキリプロモーションでした。