Case: Only those who risk it, deserve to drink it

アルコールブランド・Maestroが、ジョージアで遊び心溢れる屋外キャンペーンを実施しました。

今回のキャンペーンは、「He who doesn’t risk never gets to drink champagne.(危険をおかさない者は、シャンパンを飲むことはできない。)」ということわざを再現したもの。

首都トリビシのショッピングモールに「真実の口」のレプリカを設置し、人々の勇気を試すという企画です。

通りがかった人がおそるおそる「真実の口」に手を入れると、中に入っていたのはなんと“指揮棒”。

“指揮棒”を取り出すと突然、「真実の口」の後方にあった暗幕が開き、そこにはオーケストラが待ち構えているのです。

人々は驚きながらも、めったに体験できないプロオーケストラの指揮者の気分を楽しみます。

いつの間にかオーケストラの演奏に合わせてダンスする人々も登場し、雰囲気はまるでどこかのパーティー会場のよう。中には帽子が脱げるほどノリノリでエンジョイする人も。

思わず乾杯したくなる夢のような機会をプロデュースしたアルコールブランドによるドッキリ施策でした。