Case: Volkswagen The parcel locker

フォルクスワーゲンがデンマークで、ヨーロッパで初めて自動車をオンライン販売するキャンペーンを実施。それに合わせて、ユーモアたっぷりのドッキリ風Web動画を公開しました。

動画のタイトルは、『The parcel locker(小包預かりロッカー)』。映像は、仕掛け人が帽子をかぶった一人の男性にロッカーの開け方を尋ねるシーンから始まります。

「ちょっと大きいものを注文したので、ロッカーがいっぱいになっているかも…」そう言いながら、仕掛け人はロッカーの鍵を解除。

すると、通常の何倍もの大きさのロッカーがオープン。ロッカーの中には、なんと発泡スチロールまみれのフォルクスワーゲンの車が1台入っています。

「オンラインで車を注文したんだ。フォルクスワーゲンのサイトで簡単に購入できるよ。」

たいしたことではないと言わんばかりに、仕掛け人は車のオンライン購入の方法を説明。これには男性も「いいね!」と大笑い。

このドッキリは他にも沢山の人々に仕掛けられ、皆驚いたり、笑ったりと反応は上々の様子。

動画のラストにはテロップでこんなメッセージが。

本当に、オンラインで車を販売しています。

10営業日限定で実施された今回の遊び心あふれるキャンペーン。ただのドッキリで終わるのではなく、実際にオンラインで車を販売していることを強調してドッキリの一部始終を収めた映像はフィナーレを迎えています。