Case: The first ever ballet performed by an airplane!

ラトビアの国営航空会社・エアバルティック(airBaltic)が、世界初の「飛行機によるバレエ」を披露。同社のFacebookページで公開し話題を集めました。

同社が今回の取り組みで使用したのは、2017年から導入予定の新型旅客機「CS300」。洗練された美しいボディを持つ「CS300」の魅力を最大限に伝えるために考えられたのが、飛行機によるバレエ上演でした。

安全面の問題もあり、最初は不可能だと考えられた今回の企画。プロの振付師・Jean Guillotの熱心な協力の元、飛行機でも可能なバレエの振付けが考えられました。

そして、完成したバレエがこちら。整備に使われる特殊車両と共に、『くるみ割り人形』の曲に合わせて華麗なバレエを披露しました。

同社のFacebookページに投稿された今回の動画は、公開から2週間で65万再生を突破し、シェアやコメントも数多くなされています。

Try new things in 2017!(2017年は新しいことに挑戦しよう!)

新しいことに挑戦し続ける同社の姿勢をユニークな手法でアピールした、航空会社による前代未聞のPR施策でした。