Case: Time is Precious

アメリカのNIKEより、デジタル時代に生きる私たちに向けたCM『Time is Precious』が公開されました。このCMには商品やアスリートの映像・写真が一切なく、真っ黒な背景に文字とナレーションだけがつけられているという異色の構成です。

とにかくパソコンやスマートフォン、テレビに向かっている時間が圧倒的に長い現代人。職場で、家で、さらには移動中などの時間を含めると、1日で平均なんと10時間もスクリーンを眺めているといいます。

CMは、“SNSで他人の写真を見て、コメントして、動画を見て、スクロールして、クリックして、絵文字を入力して…”というテキストが矢継ぎ早に表示された後、一呼吸おいて「Time is Precious. Are we running today?(時を大切に。今日、走っていますか?)」という文字で締めくくられます。

『人生の限られた時間、画面に向かってばかりいるのではなく、外に出て運動しよう』と呼びかける、きわめてシンプルで異色の表現でした。

ご興味のある方は、以下のシリーズCMもぜひご覧ください。

『Opinions』編

『Pictures』編

『Friends』編