Case: superads

カナダの広告会社・Cossetteが、たったひとつのパターンで色々な分野の広告に活用できる、斬新なCM『superads』を制作しました。クライアントから提示される予算と納期、さらにオリジナリティをすべて満たすという、前代未聞の動画です。

ソファーに座って会話をする夫婦。元気のない様子の夫に、妻が声を掛けます。

バージョン1:レーザープリンター

妻「月曜日だから元気がないのね。」
夫「そうじゃないよ。このプリンターのカートリッジのせいなんだ。」
妻「HP レーザープリンターを使ってみたら?」
夫「ありがとう!使えるのが待ち遠しいよ。」

バージョン2:牛乳

妻「月曜日だから元気がないのね。」
夫「そうじゃないよ。僕の骨が弱いせいなんだ。」
妻「カルシウムとビタミンDが強化された牛乳を飲んでみたら?」
夫「ありがとう!ミルクを飲んで強くなるよ!」


夫の悩みの内容とそれに対する妻の答えが、サービスによって異なる内容に吹き替えられていますが、シチュエーションと出だしの会話は全て同じ。

続いてこちら。

バージョン3:オンライン出会い系サービス

妻「月曜日だから元気がないのね。」
夫「そうじゃないよ。君、浮気してるだろ。」
妻「新しい奥さんが必要かもね。」
夫「ありがとう!(浮気しているのは)僕の口が臭うのが原因?」

バージョン4:Crime Stoppers(一般市民に事件捜査の協力などを求める民間団体)

妻「月曜日だから元気がないのね。」
夫「そうじゃないよ。君、人を殺しただろ。」
妻「あなたに関係ないでしょ。」
夫「君は怪物だ。」

バージョ5:Cossette(フランス語対応の広告会社)

妻「月曜日だから元気がないのね。」
夫「そうじゃないよ。フランス語で困ってるんだ。」
妻「英仏2カ国語に対応している広告会社・Cossetteはどうかしら?」
夫「君を人を殺したなんて、まだ信じられないよ…」

要は、この映像ひとつあれば、様々な分野の商品・サービスに応用がききますよ!というわけです。
とはいえ、実際にクライアントからこの内容で制作の依頼は…きませんね、きっと。
夫婦の会話のシュールさと、企画のバカバカしさにセンスを感じるセルフプロモーションでした。